穴口恵子さん

穴口恵子さんの本「直感のレッスン」で幸せな恋に導かれるの?

こんにちは!タロット占い師のこうじゅです♪

私のところに来て下さるお客様の中に、「私は婚活パーティーに行くけどなかなかいい出会いがありません。」とか、「付き合って欲しいと言って下さる方が運命の方と思えないんです。」、そこまでにも至らず「諦めの気持ちで婚活パーティーに向かっています。」とかそんなお悩みがある方がいらっしゃいます。

みなさん、出会いがなくて出会いの場に向かってらっしゃるんです。

でもなかなか次に繋がらないと悩んでいらっしゃいます。

何回もチャレンジしているのにうまくいかなかったらそんな気持ちになりますよね。

「直感を生かしたら運命の人に出逢えるかも~」と言っても「そもそも「直感」てなんやねん。「直感」が働きまくってたら悩むことなんかないわ!!」と思われているかもしれませんね。

でも、あなたの「なんとなく~」を生かすことができて、運命の人に出逢えたらいいなと思いませんか?

なんとなく~」ならきっと経験していらっしゃいますよね。

穴口恵子さんの本「0.1秒で答えがわかる!「直感」のレッスン」からあなたの「なんとなく~」が幸せのなんとなく~でありますように♪

 

穴口恵子さんはどんな女性? 穴口恵子さんプロフィール

自称「歩くパワースポット」って仰っているくらい実物は光輝いていらっしゃいます。キラキラのオーラをまとっていらっしゃる感じです。

とてもチャーミングで自然体でいらっしゃるので周りはいつも賑やかで人が恵子さんの周りをくるっと囲み、その姿は女神と弟子みたいな感じに映りました。

穴口恵子さんのプロフィールを紹介いたします♪

Wikipediaより

日本のスピリチュアル系自己啓発

書作家・講演家、実業家。

株式会社ダイナビジョン代表、ドルフィンスターテンプルミステリーサークルジャパン校長。

穴口恵子さんは、「スピリアルライフ」という言葉を提唱されています。

私も大好きな表現です。

穴口恵子オフィシャルブログ「穴口恵子のスピリアルライフ」より

人生は、スピリチュアルとリアリテイがひとつになっている。。。自分軸を持ってあなた自身の無限の可能性へ開いていく時です

こうじゅ
こうじゅ
私に自分軸という考え方を体の中に沁み込ませてくださった初めての方が穴口恵子さんでした。

穴口恵子さんが語る「なんとなくが大切」の法則

直感かどうかはよく分からなくても、「なんとなく」という感覚であれば、多くの人が体験していると思います。

もう一度、朝の洋服選びのシーンに例えましょう。

今日はあなたが大切な人と会う予定の日です。朝起きると、さっそく洋服選びを開始します。おそらくあなたは、ふたつくらいの候補を選ぶでしょう。ひとつはあらかじめイメージしていた服。そしてもうひとつは、その場で「なんとなく気になった」服です。

いかがですか?そんな経験ありませんか?

私の経験からいうと、この後者の「なんとなく気になった」服こそ、あなたの「直感」が「これを着ていこうよ」とアドバイスをした服なのです。ですからあなたは、「なんとなく気になった」わけです。

もしかするとその服は、初対面の場にはふさわしくないと感じられるような派手なデザイン、もしくは柄かもしれません。あるいは、イメージしていた服とはかなりのギャップが感じられるかもしれません。

 

そのため多くの場合、「でも、ちょっと無理かも」と、ワードローブに戻されてしまいがちです。ですが、ここは「直感」を実践的に使ういい機会です。

「あれ、なんとなく気持ちいいな」と感じたら、それは間違いなく、今日の勝負服なのです。

「直感」の声に正しく従えた時は、「うん、このチョイスでいいんだ、間違いない!」と納得がいくのです。

この「直感」との間に生まれる心地よさは、「直感」に慣れ親しむほど、より明確になってきます。そして、「直感」を使うのが楽しくなってきます。

その足がかりとなる感覚が「なんとなく・・・」という、あの感覚です。

「直感」を感じ取るための第一歩として「なんとなく」のフィーリングもしっかりと感じとってくださいね。

 

穴口恵子さんが教えてくれた「直感」を邪魔する困ったちゃんとは・・

こうじゅ
こうじゅ
このなんとなく~の感覚を大事にすればいいんやな!でも「なんとなく~こっちかな」って選べている時って選ぶ未来に対して前向きな気持ちなときに起こってるなあ!!

あなたもこのような経験がありますよね。「この直感ってたまにしか降りてこないなあ。それってなんでかな?」と私のように思ったことはありませんか?

そうなんです。。穴口恵子さんがこの直感を邪魔するものについて本の中で100個紹介されています。

その一つを紹介しますね。

邪魔するものの一つに「ネガティブな感情」があると仰っています。

そしてなんと、そのネガティブな感情だと気づかせてくれるのも「直感」だと仰っています。

感情には、ポジティブ・サイド(肯定、愛情、感動、喜び、いたわり、思いやり、他)とネガティブ・サイド(否定、拒絶、怒り、ねたみ、嫉妬、他)に大きく分かれます。

これらの感情と「直感」の関係を考えて見ましょう。

ある出来事ーーーーその出来事は人に対して、ポジティブか、ネガティブかの感情を誘発させるようなものーーーーを体験したとします。

心がその感情に支配されたまま、次になにかの選択を行おうとした場合に、「直感」は活かせるのでしょうか?

私の経験からは、「その感情がネガティブなものであった時は、「直感」は活かせない」と断言できます。これは「ゆとりの差」によるものなのでしょう。

ポジティブな感情の場合は、その感情に支配されていても心にはゆとりがあり、したがって「直感」の声にも耳を傾けることができます。

一方、ネガティブな感情の時は、そんなゆとりはありません。というのもその心中は、そのネガティブな感情を解決させることが、なにを差し置いてもの最優先課題になっているからです。

こういう時は、負の連鎖が続きます。例えば、朝ちょっとしたことで家族とケンカをしたとします。不機嫌になり、家を出て駅に行くとちょうど電車が出てしまい10分待たされます。不機嫌、怒りなどが倍増し、その後一日何をやってもまちがいだらけの選択だった・・。誰もがこんな一日を体験したことがあるはずです。

どこかで「ちょっと冷静になれ。気持ちを真っ白にして「直感」に従え」と軌道修正できれば、こんな負の連鎖の流れは変えることができるはずです。

「心に沸く感情とどう付き合うか」は、人が一生で体験するさまざまなドラマを通して学んでいく大切な課題です。とくに心からゆとりを奪うネガティブな感情のコントロール方法は誰もが直面する難題です。

しかし、そのネガティブな感情を解決させる道も「直感」があなたに教えてくれるのです。ですからどんな体験があろうと、感情に選択権を譲り渡す前に「直感」のアドバイスにも耳を傾けてあげてくださいね。

 

こうじゅ
こうじゅ
起きている現象は、自分の感情でそれを目の前に見せてくれてるもんなんやわ。そこに気づくことも直感なんやな。

ここで、直感と感情には深い関係があることが分かりましたね。

「直感」のレッスンを体得することで幸せな恋はあなたの手に入りますね♪

幸せでいるには「直感」をうまく使うことであり、「直感」をうまく使うためには感情のコントロールが必要であり、感情のコントロールが負の方向に働いているときにも「直感」が教えてくれたりするんですね。

 

「直感」をいかす幸せな恋とは

「直感」に耳を傾ける状態を選択できること

 

幸せな恋には「直感」をフル活用することですね♡

 

愛と感謝を込めて

こうじゅ

 

—————————————————————————————————————————

光珠のプロフィール

私は23歳で結婚し、

10年後に離婚するまで、

元主人に対して不満が沢山あったのにそれを言えず、我慢する日々を過ごしていました。

その状態を続けて、メニエール病という耳の病気になってしまいました。

最初は、耳鳴りがひどく、耳鼻科に行っても耳の周りのリンパの流れが悪いと言われ、薬を飲んでいましたが、全然治りませんでした。

ある日、会社の駐車場で車に乗った時、目まいがして、しばらく運転出来ませんでした。

もう、あかん。 が私の心の声でした。

そして離婚を決意。

突然、元主人に「離婚したい。」と言いました。

元主人 「なんで?」

今まで我慢していたことを話しました。

●ご飯を一緒に食べる時、マンガを読みながら食べるのがほんまに嫌やった。

●一生懸命貯めたお金で、家族で乗れる大きな車を買ったのに、子どもが1歳半で2人乗りの車に乗り換えたことが許せなかった。

●私が熱を出して寝込んでいるのに、自分のご飯だけ買ってきて食べる行動が悲しかった。

などなど。

元主人

「なんでもっと早く言ってくれなかったの?」

そうやんな、早く言わなかった私が悪いよな。

そして離婚。

離婚後、男性とお付き合いしても、また相手に合わせている。

☆タロットとの出会い

変わりたいけどどうやって???

そんな時、タロット占い(私の師匠)に出会いました。

タロット占いで自分を見つめ始めました。

私って自分の感情が分からない。

一つ一つの自分に起きる現象について、受け止めず、流していることに気づきました。

自分の本当の気持ちを見失っていたのです。

タロットを始めて、カードを通して自分との対話が始まりました。

さらにもっと深くカードを読み解きたい気持ちが強くなり、ヒーリングの学校に一年通いました。

そして、自分に起きた出来事についてどんな気持ちになった?と対話するようになりました。

自分の気持ちを大切にし始めました。

私のように、自分はダメな子で、相手に合わせることで自分が認められる。

だから自分の意見を言ってはいけない。

感情に蓋をして日々を過ごしてきていませんか?

もし、そうなら

そんなことないよ!大丈夫!

あなたは愛されている

と言い続けたい。

私の言葉を信じた方々に必ず奇跡はおこります。

私と一緒に自分との対話を続けて、感情を解放する。

そして、ありのままの自分でいいんだと思う日が来ることをワクワクして変えていきましょう

 

テキストのコピーはできません。